将来、医師の仕事を“奪う”ともいわれる人工知能(AI)。現時点で、その実力はいかほどか。慶応義塾大学 理工学部 生命情報学科 教授の榊原康文氏らのグループは2015年9月、その一端を具体的な数字で示して注目を集めた。AIに医師国家試験を解かせた結果だ。正答率は42.6%と、合格者の平均正答率66.6%には及ばなかった――。

人工知能が医師国家試験に受かる日の画像

ログインして全文を読む