ソニー、オリンパス、ソニー・オリンパスメディカルソリューションズの3社は2015年9月16日、共同開発を進めてきた外科手術用の4K(4000×2000画素級)内視鏡システムを製品化したと発表した。「VISERA 4K UHD」のブランド名で、2015年10月上旬からオリンパスが日本と欧州で順次発売する。

ソニーとオリンパス、「4K内視鏡」を10月発売の画像

ログインして全文を読む