「国際モダンホスピタルショウ2015」(2015年7月15〜17日、東京ビッグサイト)では、特別企画「第8回 こんなものを作ってみました!看護のアイデアde賞」が実施された。看護業務やその周辺の課題に対して、看護師など医療従事者の視点で着想されたアイデアを競うもので、25点の応募の中からグランプリに選ばれたのは、社会医療法人若弘会 若草第一病院が提案した、外傷救急処置具「洗ってネット」だった。

看護のアイデアde賞、グランプリは「洗ってネット」の画像

ログインして全文を読む