富士通は2015年7月15〜17日に東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2015」に、「コンテキストスイッチ技術」を用いた在宅医療支援システムを参考出展した。在宅医療関係者が患者の自宅を訪れた時だけ、その患者のケア情報にアクセスできるというシステムで、患者宅に設置されたBluetoothのビーコン情報などにもとづいて患者の情報を選択して、iPadなどに表示する。

患者情報の「持ち出し」を自動消去で防ぐの画像

ログインして全文を読む