「早く上市し、患者の役に立ちたい」(オリンパス代表取締役社長の笹宏行氏)――。オリンパスは、ロボット技術を使った手術支援機器2品種を開発。2015年6月3日に福島県郡山市で開催した「手術支援ロボティックシステムの開発成果発表会」で試作機を披露した(pdf形式の関連リリース1)。製品化を前提にした手術支援ロボットを同社が発表するのは、今回が初めて。

オリンパスが手術支援ロボットを初披露の画像

ログインして全文を読む