富士通は5月7日、IoT(Internet of Things)と介護ロボットを融合するインフラシステムをRT.ワークスに提供することを発表した。RT.ワークスが開発した生活支援ロボット「歩行アシストカート」に富士通のIoTプラットフォームを組み合わせる。

歩行アシストカート利用者を見守るIoTシステムの画像

ログインして全文を読む