ビズロボジャパンとコムツァイトは2015年3月19日、高齢者の安否・健康を遠隔地から確認するためのサービス「見守りクラウドロボ」を発表した。センサーを使って取得した高齢者の活動状況を、契約者のスマートフォンなどに通知するというもの。センサーの情報は3G回線を搭載したゲートウエイを介して、契約者に送られる。

電源不要のセンサー使った遠隔見守りサービスの画像

ログインして全文を読む