2011年2月に米国のクイズ番組「Jeopardy」でチャンピオンを破ったことで一躍有名になった、米IBM社のコグニティブコンピューティング技術「IBM Watson(以下、Watson)」。その開発には、日本IBMも携わった。同社は2015年2月、Watsonの日本市場での展開に向けてソフトバンクテレコムと提携。2社が共同で、日本での市場開拓やエコシステムの構築を目指す。

医療から始まったIBM Watsonプロジェクトの画像

ログインして全文を読む