医療におけるデータ活用の重要性やプライバシー保護の必要性、現状の問題点はどこにあるのか――。2015年2月12日に開催された平成26年度日医総研シンポジウム「日本における医療ビッグデータの現状と未来」において、東京大学大学院医学系研究科医療経営政策学講座特任准教授の山本隆一氏が「医療情報大規模データベースとプライバシーの保護」をテーマに講演した。

医療データベースの活用には法整備が不可欠の画像

ログインして全文を読む