2014年4月に開催された、医療機器の設計・製造に関する展示会「MEDTEC Japan 2014」。国内企業による革新的な製品を表彰する「MEDTECイノベーション大賞」の大賞を射止めたのは、クロスエフェクト(京都府)の「超軟質心臓シミュレーター」だった(関連記事)。X線CT画像を基に患者の心臓をリアルに再現した立体模型で、3Dプリンター(光造形)と「真空注型」で心臓の内部構造までを精密に再現。その完成度の高さに、医療関係者も驚きの声を上げた。

3Dプリンターで超軟質心臓シミュレーターの画像

ログインして全文を読む