日本大学工学部次世代工学技術研究センター教授の尾股定夫氏は2015年1月14日、ウエアラブル機器の展示会「ウェアラブルEXPO」(会場:東京ビッグサイト)のセミナーに登壇し、自身が開発した、カフ(圧迫帯)を使わずに触れるだけで血圧を測定できる「連続血圧測定用デバイスチップ」の原理やそのメリットを解説した。

カフを使わずに触れるだけで血圧測定が可能の画像

ログインして全文を読む