富士フイルムは11月25日、デジタルX線画像診断装置の新モデル「DR CALNEO Smart」シリーズを発表した。バッテリーを内蔵し、撮影室以外でのポータブル撮影を可能にしたモデル。従来モデルの「DR CALNEO C」シリーズに対して、持ち運び時の使いやすさを改良した。具体的には、筐体にマグネシウム合金を採用し、重さを14×17cmのモデルで2.6kgと軽くした。また、メモリーを内蔵し、撮影した画像を100枚まで保存可能。回診時の撮影など、コンソールから離れた場所でも運用できる。

富士フイルムがポータブルX線画像診断装置を発表の画像

ログインして全文を読む