内視鏡で得た画像を10倍に拡大してディスプレーに3次元表示し、術者はそれを見ながら手元のレバーを動かす。そして、連動するロボットアームを遠隔操作することで手術を行う――。

手術支援ロボット「da Vinci」の今後は?の画像

ログインして全文を読む