血液に含まれる脂質などの血中成分を、いつでもどこでも採血なしに手軽に測れる――。メタボリックシンドロームの予防などに威力を発揮しそうなこうした技術を、産業技術総合研究所(産総研)が開発した。一部、富士電機の技術提供を受けた。光技術・製品の展示会「InterOpto 2014」(2014年10月15〜17日、パシフィコ横浜)に試作した測定装置を出展した。

血中脂質を採血なしで測る手法を産総研が開発の画像

ログインして全文を読む