産業・医療分野向け機器やソフトウエアを手掛けるエフエーシステムエンジニアリング(FASE)は、裸眼での3次元(3D)表示に対応する医療用モニターを開発した。メディカル・イメージング・コンソーシアムの協力の下で2014年9月に信州大学医学部附属病院に納入。脳神経外科手術での臨床応用が始まった。「CEATEC JAPAN 2014」(2014年10月7〜11日、幕張メッセ)に出展した。

医療用裸眼3Dモニター、信州大が臨床応用の画像

ログインして全文を読む