2016年2月、厚生労働省から、高齢者への虐待についての調査結果が発表された。これまでの調査では、施設従業員による虐待件数の増加を示すものが多かったが、この調査では、施設よりも家庭における虐待の方が頻度が高いことが明らかにされた。家庭内の虐待は外からはなかなか分からないだけに、状況は深刻だ。

虐待はあったのか、それとも被害妄想か?の画像

ログインして全文を読む