患者がセカンドオピニオンをとることに、私は異を唱えるつもりは全くない。ただ、2カ所の医療機関にかかり、一方の見立てがもう一方の診療内容を否定するものだったら、否定された医療機関と患者の間でひと悶着起きてもおかしくない。今回は、そのような事例を紹介してみたい。

患者から届いた「先生の治療は効果がない」という手紙の画像

ログインして全文を読む