認知症患者の場合、現れる症状が時と共に異なってくるので、それに合わせた対処法をきちんとつかんでないと、同居する家族と様々な軋轢を生むことになる。家族であれば患者の身近にいるので、病気の進行状態を把握してそうに思えるが、現実は必ずしもそうではない。身近すぎるからこそ見えていない場合もある。

患者家族に「余計なことするな」と言われ激怒した院長の画像

ログインして全文を読む