医療機関で受ける検査の中には、患者が嫌がるものも少なくない。嫌がる理由は主に二つある。一つは高額な検査、もう一つは胃や大腸の内視鏡検査のように受けることに苦痛が伴う検査だ。どうしても必要な検査なら、ほとんどの患者は受け入れるだろうが、その必然性を患者がきちんと理解し、納得していない場合、思わぬトラブルを招くことがある。

ログインして全文を読む