メディアを騒がせている“にせ作曲家”問題。私の立場からあの騒動を見ると、やはり一番気になるのは、実は耳が聞こえるのに、聴覚障害2級の認定を不正に受けていたという疑惑がかかっていることだ。本人は、3年前から回復して少し聞こえるようになったと弁明しているようだが、既に露呈している事実を勘案すると、にわかには信じがたい。

ログインして全文を読む