私のところには毎日のように医療機関からトラブル相談の電話がかかってくる。そのほとんどは、本当に困っていてわらをもつかむ思いで私を頼って相談してくるのだが、たまに「上から目線」の人や、何かを決断するためのアリバイづくりで電話をかけてくる方がいる。今回取り上げるのは未収金の支払いを渋る患者家族の話だが、その相談を私に持ちかけてきたクリニックの事務長にも少々難渋してしまった。

ログインして全文を読む