患者トラブルを引き起こす大きな原因の一つに、医師から患者への説明不足がある。医師が説明した気になっていても、患者側は専門用語などがネックとなって理解できず、後で「言った、言わない」のトラブルが起きたり、患者が医師に不信感を抱いたりすることがよくある。

ログインして全文を読む