前回の視覚障害の認定をめぐるトラブル事例では、認定には指定医療機関の診断書・意見書が必要であるため、病医院がこうしたトラブルに巻き込まれる可能性があることを指摘した。偶然だが、今回紹介するのも、最近起きた診断書がらみのトラブルである。

ログインして全文を読む