「高齢の患者から、『このヤブ医者が! 出血の責任を取れ』と言われ、損害賠償を迫られています。いったいどう対応したらいいのでしょうか?」電話の主は、大阪市内のA耳鼻科医院のA院長だった。

ログインして全文を読む