《患者は病気を患い、つらい状況にある。だから、少々わがままな振る舞いがあっても、それは病気のせいかもしれないし、自分たちが我慢するしかない》──。こう考えている医療機関の関係者は多い。いわば「性善説」に立った考え方であり、古き良き時代にはそれでよかったのかもしれない。現在においても、大半の善良な患者に対しては、「性善説」で接していくべきだろう。しかし、全ての患者にこの考え方を適用しようとするのは誤りだと私は思う。

ログインして全文を読む