患者トラブルに対応する時は、初めから予断を持って臨んではならない。心を落ち着け、患者側からの苦情・クレームの内容を客観的に受け止めることが大切だ。単なる誤解なのか、それとも正当なものか。そこを吟味せずに過剰反応してしまうと、逆に医療機関の側からトラブルをつくり出してしまうことになる。

クレーム患者の「本当の不満」を見抜く方法の画像

ログインして全文を読む