患者に対する疾患教育の大切さは、糖尿病や腎不全などの慢性疾患では以前から説かれています。私が専門としているてんかんも然り。理由は、てんかんも慢性疾患であるためと、一口にてんかんといってもその症状はさまざまであるためです。

患者も医師も「名医」から脱却せよの画像

ログインして全文を読む