不思議な症状の患児を連れた母親が来院する、しかも似たような患者が次から次へと――。あれ? 何だろう? 診断できない!どうしようか…。適当に診断して、適当に治療薬を出して、適当に説明してかわすか? 診断に困ったとき、読者諸氏はどのように自己分析しているだろうか?

冬季に生じる”謎”の「小児流行性暗赤色紅斑症」の画像

ログインして全文を読む