今年、総合内科専門医試験を受験する先生方は、そろそろ試験勉強に本腰を入れ始めているころでしょうか。今回と次回は、試験の内容に少し踏み込んで、内科各分野における出題のポイントをお話ししていきます。

 この連載でも何度か述べていますが、総合内科専門医試験の合否のカギを握るのは、up to date問題です。みなさん、自分の専門分野については当然、最新の知見がしっかり頭に入っていると思いますが、日常診療であまりかかわりのない分野については最新情報をキャッチアップするのは大変なものです。このため、本試験ではここをしっかり対策していたかどうかで、点数に差が出てくるわけです。

 しかし一方で、いざ情報を集めようと思っても、情報が専門的かつ膨大であるため、それを見つけ出し取捨選択する作業自体に時間と労力がかかります。そこで筆者が、分野ごとに2017〜2018年に改訂された診療ガイドラインなどを踏まえ、up to date問題を中心に出題されそうなポイントをまとめました。ぜひ試験対策にご活用ください。

ズバリ!up to date問題の出題のヤマはここの画像

ログインして全文を読む