総合内科専門医試験を受験される先生方は出願を終わり、徐々に試験勉強に取り組まれている時期だと思います。

 今回は、試験の内容を少し離れ、交通/宿泊の手配や会場への持参物について書いていこうと思います。そんな些末なこと?と思われたかもしれませんが、ちょっとした手違い、失敗がアダになりかねません。年に一度の一発勝負だけに、注意さえしておけば済むことは、周到に準備しておきたいものです。

会場は五反田TOCとは限らない
 まず試験会場までの移動についてです。通常、総合内科専門医試験は9月の第2日曜日に東京で行われます。センター試験などとは違い、専門医試験では天候による交通機関の遅れなどは考慮されません。総合内科専門医試験も例外ではなく、遅刻は1時間まで認められますが、試験終了時間は他の受験者と同じです。

 この時期、日本によく台風が来ます。実際、過去、試験日に交通の影響があった年もあります。このため、台風を考慮に入れて交通・宿泊の手配をしなければなりません。

 また、週末の移動となるため、地方から飛行機で来る方は、週末帰省する単身赴任者等も考慮しておく必要があります。早めに

「台風シーズンの東京」に気をつけろの画像

ログインして全文を読む