ここ2、3年、「総合内科専門医フィーバー」とでもいうべき状況が続いています。下の図をご覧ください。総合内科専門医試験受験者は、2013年までは多くとも500人程度でしたが、2014年に著しく増え、その後、年々増加。2016年には7731人に達しました。直近の2017年の受験者も7000人を超えており、この状況はもうしばらく続きそうです。

 このような状況が生まれたきっかけは、専門医制度の改革にあります。内科医にとってのこの資格試験の重要性を理解してもらうために、少々長くなりますが、最初に背景を説明しておこうと思います。

なぜ今、総合内科専門医が熱いのかの画像

ログインして全文を読む