「長引く、激しい咳」症状が続く患者の場合、喘息と診断するにはMycoplasma pneumoniae (マイコプラズマ)やChlamydia pneumoniae (クラミジア)、それに百日咳などによる細気管支炎を鑑別する必要があります。咳喘息や気管支喘息とは全く治療薬が異なるからです。 上記のような感染による長引く咳は「感染性咳嗽」に含まれ、早期であればマクロライドなど抗菌薬治療が適応となります。

百日咳か百日咳じゃないか、その判断が重要だの画像

ログインして全文を読む