喘鳴がある(=ゼイゼイする)から喘息、という判断は少し短絡的な考え方です。患者さんがそう思ってしまうのは仕方がありませんが、それを鵜呑みにしてはいけません。 ゼイゼイしている状態は、気道のどこかが狭窄して音が発生しているということです。気道が狭くなる疾患は表1のように喘息以外にも多くの疾患が挙げられます。 しっかりと確定診断するのは難しくても、「○○の可能性があります」「○○と考えられます」くらいの診断をつけることはそれほど難しいことではありません。でもそれには、押さえておかなければならないポイントがあります。

「ゼイゼイする」患者=喘息としていませんか?の画像

ログインして全文を読む