「紹介状を見ても、紹介元で診断された病名は見ず、自分で病名をつけなさい」。これは、研修医や学生によく指導していることです。これは若手に診断を一から考える習慣を付けさせるという目的ももちろんあるのですが、紹介元で付けられた「診断名」に間違いが多いのも理由の一つになります。もちろん、今の病態では診断が付かない、という理由で大学病院に紹介されているため、結果的に診断名が違っていたというのは仕方がないのですが、既往歴を見ただけで「あれ?これって?」と思う病名が付いていることが時々あります。

COPD患者の紹介状に書くべき身体所見とはの画像

ログインして全文を読む