30余年前、医師国家試験を受けたとき……。「陽の当たらない部屋のおばあさん」のことが出題されました。食べて、歩いていたのに、「やがて寝たきり」。なぜ?日光に当たっていない→ビタミンD不足→骨が弱ったというストーリーでした。試験会場から帰る道すがら。同級生の山田君が、「講義でやった症例だね」と言いました。講義に出てないから記憶にないけど、「そうだね」と返事しました。で今回は、<日光・ビタミンD・心臓>についての話。

太陽は足りているか?─ビタミンDの話の画像

ログインして全文を読む