イラク北部で戦闘が激化しているモスルから南方に約70km、カイヤラの町の病院にて、国境なき医師団(MSF)の救急専門医として紛争の被害者および周辺のキャンプなどで暮らす医療弱者をサポートする仕事に携わりました。

紛争下で増える銃創や熱傷、重度栄養失調の患者に対応の画像

ログインして全文を読む