リビアは、2011年以前は近代的で欧州と同じ高いレベルの医療が存在していましたが、それは主に海外からの医療スタッフに大きく依存していた背景がありました。2011年の革命によるカダフィ政権崩壊後、多くの外国人医療スタッフは安全面や経済面の不安からリビアを去りました。

広がる安易な帝王切開、母体死亡率高まる危険性の画像

ログインして全文を読む