「ハロー、タカ!すぐ来てくれないか」。夜中の2時に、病院からの電話で目を覚ますと、当直中の現地外科医が一言だけ僕にそう伝えた。ドライバーを起こし、病院まで急いで行くと、頸部を銃で右から左に撃ち抜かれた若者が救急治療室に横たわっていた。嗄声(させい)と皮下気腫があり、緊急手術を行うと気管と食道が損傷しており修復を要した。

「僕はそこから逃げるわけにはいかない」の画像

ログインして全文を読む