イラクにはかつて先進的な医療制度があったが、2003年のイラク戦争以後、紛争や政情不安のために多くの医療従事者が国外へと避難してしまった。国内の医療システムは壊滅状態となり、スキルを持つ医療従事者が不足しているほか、治安悪化のために人びとは病院まで行くことも困難で、健康に影響が及んでいる。また、イラクでは他の中東諸国と同様に、糖尿病、腎臓病、心臓病、高血圧などの慢性疾患の患者数が増えてきている。

血管外科の技術移転にいざ挑戦の画像

ログインして全文を読む