MRになって6年目のK一郎が、O先生からの電話を受けたのは、午後2時ごろに遅めの昼食をとっている最中だった。O先生 「君のところの薬を飲んで、副作用が起きたと患者さんが言っているので、時間が空いたらちょっと来てくれないか」K一郎 「かしこまりました。この後に1件、訪問予定のところがございますので、それが終わり次第、先生のところにうかがいます」

副作用をネタに脅されかけた男の物語の画像

ログインして全文を読む