今日も一日が終わり、独身のZ蔵は、大好きなショパンの夜想曲、第一番変ロ短調のピアノ曲を聴きながら、自宅で一息ついていた。「しかし、どうしてこんなことが起こったんだろう」−−。思いもよらない自社製品のトラブルに奔走することになった一日を思い出しながら、Z蔵はパソコンでクレーム報告を書き始めた。

クレーム処理に泣かされた男の物語の画像

ログインして全文を読む