医師会の学術・広報担当理事の先生と話しながら、Y三郎は、先日の忌まわしい事件について思い出していた。MRとして、自分では「決して間違っていない」と確信している行動であっても、第三者の目には、時にいかがわしく映ることもあるのだと痛感した出来事だった。

病院の前でフラッシュをたかれた男の物語の画像

ログインして全文を読む