行きつけの小料理屋で、X次郎は今日の出来事を思い出していた。「犯人はなぜ俺のカバンを狙ったのだろう」

ログインして全文を読む