外資系製薬企業に勤務するI朗は、現在、京都大学病院を担当しているMRである。京都の医学界は、国立の京都大学派と公立の京都府立医科大学派とに二分されており、製薬企業にとってはMRの配置や担当の持たせ方が非常に難しい地域だと言われている。

ログインして全文を読む