表皮剥離や褥瘡に対してラップ療法を実施し、おおむね良好な結果を得ています。ただし、皮膚にかぶれや発赤が生じ、継続が困難な症例もあります。

ラップ療法時のかぶれ対策は?の画像

ログインして全文を読む