前回はちょっとマニアック(?)な病原体であるC. difficileを取り上げました。それに関連して、手指衛生(手洗い)の方法についても取り上げました。手指衛生には主に2つの方法があり、石鹸と流水を用いる方法(以下、流水法)と、アルコールなどの擦式速乾性手指消毒薬を用いる方法(以下、すりこみ法)です。今回はこの使い分けについて考えてみたいと思います。

感染対策もオシャレにの画像

ログインして全文を読む