2015年4月に設立される独立行政法人・日本医療研究開発機構(AMED:Japan Agency for Medical Research and Development)の初代理事長として、慶應義塾大学医学部長の末松誠氏の就任が決まった。当初のいわゆる日本版NIH構想や、日本医療研究開発機構(AMED)が、日本の基礎研究や臨床研究、ひいては医療を変革する可能性について述べたいと思う。

末松理事長率いるAMEDで日本の基礎・臨床研究は変わるの画像

ログインして全文を読む