最近、精神疾患が原因で長期休職するビジネスマンが増え、産業医が精神面の問題に対応を迫られることが多くなった。先日、産業医関係の研究会でも、「精神科産業医の非常勤雇用を増やして、精神面の問題は通常の産業医から精神科産業医に依頼した方が良い」という提案があった。精神科医の中にも職域を積極的に手伝おうという流れがある。

すきまを埋める精神科産業医の意義と限界の画像

ログインして全文を読む