精神面に原因がある身体症状には、大別すると、頻脈、下痢などの自律神経系の症状と、運動系(手足の麻痺や振戦など)と知覚系(しびれや痛みなど)の自覚症状がある。身体各科の医師から「体の検査をしても異常がないから、精神的な問題ではないか」と診察を依頼され、「体に異常がないのであれば」と考えて、以後の治療を引き受ける精神科医が少なくない。 

その身体症状の原因は本当に「精神的な問題」かの画像

ログインして全文を読む