2011年に発売された認知症に対する貼付薬(商品名イクセロンパッチ、リバスタッチ)が広く用いられている。メーカーの宣伝パンフレットに、本剤は「コンプライアンスを向上させることが、介護者の負担の軽減につながる」、「投与が簡便」などという意味の記載を見たこともある。しかし、これは服薬の必要性を十分に理解していない、あるいは服薬を望んでいない患者に服薬させているという面があることを忘れてはならない。

ログインして全文を読む